Events

mpe14FIX

企画名:midnight parade presents 【my past experience vol.14】

日時:2019年7月13日(土)
会場:WOODY

オープン:18:00 スタート:18:30

料金:WEB先行1,700円 前売2,000円 / 当日2,200円 / 高校生以下(18歳以下)無料(+1drink )

チケット予約:midnightparade02@gmail.com

※チケット予約は下記の出演各バンドでも受付けております

 

【出演バンド】

Curve(東京)

https://curve-official.jp

tumblr_inline_piua7jYGam1wrel9h_1280

東京は小岩を中心に活動するエモーショナルロックバンド”Curve” 2017年に長年活動を共にして来たメンバーの脱退、しかしその苦難を乗り越えメンバーを新たに、再び歩み始めた3曲入りe.pを今年3月にリリースし、初来新!

結成は2003年、当初はギターボーカルとドラムのみの2ピースから始まり2006年、SATIRE RECORDSより1stアルバム「broken beautiful product」をリリース、マレーシア、シンガポールを含む2度の国内外のツアーを経てライブ・音源ともに各地で高い評価を受ける。

2008年自主レーベルより2ndアルバム「barricade」をリリース、しかし同年6 月ドラムが脱退。その後、ベースと新ドラムを迎え3人編成でアルバム制作に取り組むも幾度にも渡るドラム脱退により制作・活動の停止を余儀なくされる。しかし2012年には再度メンバーを新たに傑作3rdアルバム「till the end」(impulse records)リリース。その後も長年活動を共にして来たメンバーの脱退があったが今作はメンバーを一新し、復活の新作リリースとなります。

Curveの存在そのものであるVo.ユウセイ氏が放つ美しさも哀しさも携えた歌声とメロディ、それは人間の中に宿る美しみ、悲しみなど普遍的な感情に直接訴えかけ突き刺さる力が宿っています。そしてその歌声と轟音を支えるボトムのベース/ドラムは重厚かつシンプルで他には形容しがたい楽曲の壮大さを見事に表現しており、この他に形容しがたいサウンドはまるで「轟音の賛美歌」と言い得ますでしょうか、真にグレイトなエモーショナルロックバンドです。

そんなCurveの新潟でのライブが実現するのも奇跡のような感じですが、とにかくこの機会を逃すべくぜひ目の前で感じて体感してください!

 

Curve – “hundred mile” MV

———————————————————————————————————–

elephant(山口)

v93wsrFa

日本の本州最南端「山口県」のモンスター的マス/ポストロックバンド”elephant”が2017年伝説のライブと化したCOMES以来となる2年振りの来新!

現在までに1st single「yellow ep」1st mini album「innocent innocence」を自主リリース(現在は廃盤)2017年2月に満を持して2nd mini album「BASEMENT」を自主制作にてリリースし、全国に衝撃を与えるほどの作品となり多くの評価を受ける。

90’オルタナティブロックサウンドを中心にメンバーそれぞれ多様なルーツに持ちながら3ピースとは思えない圧倒的過ぎる演奏力から放たれる独創的なリズムと表現力、飛び抜けたメロディーセンスとそれをギター弾きながら歌い上げるボーカル、、と一体どういう神の悪戯でこのような化物バンドが生まれたのか(もちろん努力あっての)、、と思うくらい素晴らしいバンドです。

彼らは前回の2年前はスタジオライブで終わった”伝説の”経緯がありますので今回はリベンジすべくWOODYで全開のライブをしてくれるでしょう!そう全てはここに繋がっていた!と言える日になる事を祈って。

 

elephant – Blue owls(新曲)

 

elephant – “thirst” MV

 

elephant – “blood” MV

———————————————————————————————————–

WITHERCRACK(新潟)

https://withercrack.jimdo.com

IMG_3727

2009年結成…という事でもう全然若手ではない新潟を代表する正統派エモーショナルロックバンド”WITHERCRACK”も2013年6月のmy past experience以来となる出演!

2012年1stミニアルバム『SOMETHING LIKE THAT』、メンバーチェンジを経て2015年 2ndミニアルバム『WEDNESDAY』リリース、その後も2016年 1st EP『Torch / 群青 / Endeavor』、2018年3rd demo『夜を往く / Coldfoot』をリリースしながら活動中。

昨年2018年10月には高橋良和氏(ex:bluebeard/AS MEIAS)が率いる”RENA”を新潟に呼んでの自主企画を敢行し、正にそのメロディーセンスはTwitter発信で下記動画が奇しくも高橋氏に注目され全国的に広がった格好になった訳であります。さぁそんなWITHERCRACKがこのエモ過ぎる夜に彼らなりの新しい火を灯してくれる事を期待しましょう!

 

———————————————————————————————————–

Gravity of Notes(新潟)

https://gravofnotes.wixsite.com/gravityofnotes

ZehMUYP4_400x400

2017年8月新潟市にて結成された、シューゲイザーやポストロック、ポストメタルをバックグラウンドとしたサウンドを展開するバンド”Gravity of Notes”

すでに現在まで数回のメンバーチェンジを経ており、なおかつ精力的に県内ライブハウスで活動中。正に新潟バンド若手筆頭株であるそんな彼らのサウンドは初期衝動とも違う”ある意味”円熟したような深い霧のような音像。自分が若い時はこんな大人なサウンドじゃなかったよねぇ(遠い目)なんて思いながらすでに新潟を代表する激情ハードコアバンド”ANCHOR”の自主企画「私的見解」にも出演しており、ベテランバンドも一目置く存在でありますので未知の方はぜひチェックを。

 

———————————————————————————————————–

midnight parade

http://midnightparadeband.tumblr.com

midnightparade_shoplogoのコピー

2008年新潟市にて結成、2枚のDEMO-CDをリリースし2010年[SAY HELLO TO NEVER RECORDINGS]より沖縄のunripeとのスプリットCDをリリース、2011年に[Further Platonics]からkittenとのスプリットCD、自主でsayonara balkとのスプリットCDをリリース、また[LOVE the FATE Records]オムニバスCDにも参加。

2011年以降、幾度かメンバーチェンジがあり、2015年10月から活動休止状態だったが2018年3月にまさかの再始動、初期のポストロック的なアプローチから現在は更にアグレッシブなポストハードコア的サウンドに変貌し、未だしぶとく活動中。

 

 

 


【出店】
TEN-TWENTY DISTRO

国内外問わず、現在まで300タイトル以上の商品を店長:タカハシが独断偏見で選び取り扱う。主にポストロック、エモ、ハードコア、オルタナティブロックなどの音源になります。

1020SEAL
———————————————————————————————————–

広告

Events」への2件のフィードバック

  1. ピンバック: snob | i dance alone

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中