i dance alone

10/15COMESを振り返って

先日はWOODYで2回目となる1020DISTRO企画”COMES”を開催しました。まずは来てくれた皆さま、出演して頂いた方々に感謝を。毎度そうですが企画立案から終わるまで何が起こるかわからないが終わってみるとすごく充実感があるというのが個人企画です。そんなことでちょっと当日の流れを思い出してみます。

今回は横浜のheliotropeが9/20に新作をリリースするとのことで彼らを中心に企画を進めることにしました。heliotropeはまだ新潟に来たことがないというのは自分もわかってましたが、前作も含め音源を聴いていつか絶対誘いたいバンドだったのでこちら側としては願ったり叶ったり。SZKNで長いこと繋がりがあるベースのトモくんと日程のすり合わせし、彼らの希望でもあるWOODYに確認。空いてる日が10/15(日)しかなかったので即日決定しました。

日曜日だったので中々遠方からのバンドは厳しいかなぁと思い、フルソマでもお声がけしてた山形のマルチ放電をしつこくも再度お誘いすることにし、今回は無事快諾頂きました。(誘いのメールをした後になかなか返事が無い…と思ったら実はメールが届いてなかったりしましたが)マルチ放電も2009年にディストロで音源を取り扱ってから、ずっと気になってたバンドで今年4月に結成10年目にして待望のフルアルバムをリリースしたので良いタイミングでした。

更にもう1バンド県外バンドをお誘いすべく、色々なバンドに声をかけたのですが日曜日ということもあり中々決まらず県外は2バンドでFIX、そして県内バンドもこれまた結構苦戦して今回出演頂いたslowerとballadeは演者から逆オファーで決定するという、企画者としては予想外かつ嬉しい展開に。正直いうとmidnight paradeでも出演できないか、私からメンバーに確認しましたがまだ時期尚早ってことで。

結局、前回と同じ4バンドで進行することにし、当日を迎えるわけであります。

 

heliotropeは新潟市に入る直前でガス欠になるもリハ時間ほぼジャストに着、さっそく機材搬入でWOODYの地獄階段の洗礼を受けてましたがリハからワクワクするバンドでした。

IMG_3133

ドラムのシンゴくんはリハから「ドラムが鳴り狂ってる!」とWOODYをえらい絶賛してましたが本番はもっと鳴り狂ってました。笑 彼は人柄もドラムも最高ですね、今回改めて色々話せてめっちゃ楽しかった。

 

IMG_3135

一番手はslowerこと小池亮太、内心今回は大丈夫なのか…心配してましたが、実際は過去最高のライブだったと思います(まだ回数は少ないですが。笑)なにせ歌が上手いってずるいですよね、演奏力をリカバーする力はあの美声だと思います。しかも度胸もあるやつなので新潟のOWEN的存在になってほしい。

 

IMG_3136

2番目は同じく新潟の新鋭ballade(バラード)このバンド名でDARKかつNEW WAVE / POST ROCK / V系の要素も感じさせる異能な楽団でした。打ち込みをそこまで全面に出さず、ツインギター(時折パーカッシブな時もあり)とブリストル系な職人ベースは一言や二言では表現出来ない音を出してるバンドであり、まだ2回目のライブというのに驚き。終演後、ギターの栗山君(デカイ方)がマルチ放電の武田さんに「BUCK-TICKの今井寿みたいっ」って言われてニヤニヤしてたのが面白かった。

 

IMG_3137

そして山形から初めて新潟にお越し頂いた、マルチ放電、シューゲイズな音像とスウィートでノイジーなアクセント、全てが絶妙なセンスで成り立ってるバンドだなぁと思って揺れる轟音に身を委ねました。こういったバンドが地方の山形にいるってすごいと思います。下手したら同系の東京バンドよかセンスあるよね。機材エフェクターもめちゃ多く難しい人かな?と思ったら人柄はほっこりする山形人。自分は山形に親戚がいるので山形の人の言葉を聞くと懐かしくなります。

 

IMG_3138

トリはもちろんheliotrope、今回は少し長めのセットでお願いしましたが演奏が全て終わってからもまだ聞きたいと思わせる楽曲とライブの素晴らしさ。シンゴ君のドラムは手数が多いけど嫌味じゃなく、叩いてる姿は見ていて気持ちいいくらい。ベースのとも君はその隙間を縫いながら的確に、時に全体を引っ張りながらバンドの軸になっており、ねたこ嬢の歌声と歌詞は別世界に連れて行ってくれる不思議な魅力があります。3ピースピアノトリオだと否が応でもクラムボンを引き合いに出されますが完全に似て非なるものだと思います。どちらも素晴らしいバンドですが個人的には圧倒的にheliotropeが好きだなぁ。

 

打ち上げにはマルチ放電は参加出来ませんでしたが短い時間でもみんなが楽しんでくれた感じがしたので「よかった、よかった」と心の中で思い、前回よりは(笑)疲れた感じはしなかったかな。みんなとまた一緒に今度はバンドでやろうと誓い、それぞれの帰路に。こういう瞬間は寂しくもあるけど、この先また繋がれる時が来ると考えて続けて行きたいですね。

IMG_3140

 

さて次のCOMESはいつなのか、それはまだ僕にもわかりませんが自分が楽しめる、意外性がある企画でありたいなと思ってます。それでは〜

広告
この投稿は10月 17, 20171:43 pmに公開され、Uncategorized カテゴリーに分類されています。 パーマリンクをブックマーク この投稿へのコメントを RSS フィードで購読できます。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

w

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。