i dance alone

京都立命館を振り返って

お疲れ様です。

今回は(も?)ツアバン車内最後部で爆睡キメのノー運転で京都遠征から帰って来たんで流石にBlogでも書かないと申し訳ないと思い書き始めます。

一つの目標、いや再スタート地点と決めていた部分でもあったんです、この10月12日の京都立命館企画は。

というのもバンドは6月1日のライブを最後にドラム小林が脱退し、オリジナルドラマーの臼井が戻って来た訳ですがお誘い自体は今年の4月くらいから受けてまして、ドラムが変わって立て直し後、1発目ライブだった訳です。

個人的には6月1日のライブが酷過ぎて色んな意味でダメージがデカかったですがこうやって4ヶ月間ほぼ毎週のスタジオワークでバンドのバンドらしい部分を取り戻し、再スタートのライブを素晴らしい企画で切れたのは良かったかと思います。

ライブ当日は程よい緊張感の中で(メンバーによっては緊張が度を過ぎてたかもですが)まずまず良いライブが出来たと思うし、今後の活動に繋がるであろう新しい出会いや久し振りの再会、さらに刺激も多く受けて帰って来たので総じてとても有意義な遠征でありました。

ホント熱心に誘ってくれた、MOTHERの大塚くんを中心に寺田くん、石川くん、当日スタッフで動いた皆さんにはこの場を借りて感謝を申し上げます。

MOTHER復活の際は必ず恩返ししたいと思いますし、またこうやって若い世代のバンドと繋がれるのは良いもんですね。とても刺激になります。

来月は同じく若者世代のhueとathelasのレコ発新潟場所を企画します。

これもまた色々な「何か」が得られるのだろうと個人的に今から楽しみです。inthenaMEofloveとも久し振りの共演だし、SOUNDS GOODのドラマー、マサルくんはほんの少しの期間ですがmidnight paradeのドラマー不在時、一緒にスタジオに入ったりしました。あれもこれも今では良い思い出です。

11月30日の企画の面々は大方決まってますが諸事情により、最終面子のハッピョーウは11月11日となります。お楽しみに。

あと年内は名古屋や沖縄、そして札幌、果ては台湾からライブのお誘いを受けてましたが都合により全てお断りさせて頂きました。

もちろんこれもバンドを続ける上での決断なので申し訳なく、残念に思いますがこの次また機会があれば是非お誘い頂ければと思います。

tumblr_muqwks1MeD1qdlh1io1_250

年内はこの地元企画で終わりなので何卒よろしくお願いします。

広告
この投稿は10月 17, 20132:19 pmに公開され、Band, Uncategorized カテゴリーに分類されています。 パーマリンクをブックマーク この投稿へのコメントを RSS フィードで購読できます。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。