i dance alone

BENEATH THE SAME SKY

昨年3月に自分がディストロを初めてから日本全国の色んな人から注文が来た中で、2012年の夏頃に片言の日本語でメールをくれた人が居た。

それが今回紹介するコンピレーション「BENEATH THE SAME SKY」を取りまとめた「ライアン」だ。

彼と連絡を取るようになってからは、お互いに持ってない音源のやり取り(トレード)したり、彼は自らのサイトに僕らのCDを英語で紹介してくたり、とにかくやたら日本のアンダーグラウンドのバンドに詳しく、これでもかってくらいの情熱が伝わってくるんで海外の住所から荷物が来るけど本当は日本人じゃないの?って思った。笑

それもそのはず、彼は以前日本に住んでいて2005年に8年間の活動に終止符を打つまで、活発なライヴ活動はもちろん音源のディストロや手作りのアートワークに至るまで自主的/革命的活動を続けた激情バンド「GAUGE MEANS NOTHING」の(一時期ではあるが)サポートメンバーだった。

その後、彼は母国アメリカに帰ってCease Upon the CapitolやSanctionsなどのバンド活動をやりつつ、自主レーベルMEATCUBEを運営し、この度のZINE&コンピレーション「BENEATH THE SAME SKY」を企画・実行に動いた。

実際、コンピ収録の依頼があったのは今年に入ってからで、

「たかはしさん、明けましておめでとうございます!2013年もよろしくお願いします。今月Zineを作ります。日本のバンドのことが英語で書くZineです。世界へ日本のバンドを知らないからBandcampでダウンロードのオムニバスも作っています。ミッパラも曲を入れませんか?今の参加しているバンドは:saisa, blue friend, stubborn father, elica, the sunsetboulevard, tetola93, alt of the society. よかったら教えてください。ではよろしくお願いします! ライアン」

なんて日本語のメールが来たのが始まり。
個人的にすごく嬉しかったし、こんなクールでカッコ良いバンドの中にうちらみたいなバンドが入って良いの?とかも思ったけどすぐメンバーに確認して収録する曲を送る連絡をした。

それから半年後の今日、彼からコンピとZINEが完成したいう連絡が来た。
異国の人がうちらを含めた日本のアンダーグラウンドバンドを英語で紹介してくれるなんて….バンドを始めた当初には想像もしなかった事。

それを彼は有言実行し、僕の(僕らの)想像を越えてくれた。

BENEATH THE SAME SKY(=同じ空の下)というコンピレーション名の元、彼が連絡し取りまとめた10曲はどれも彼の熱い思いに導かれて集まった楽曲だと思う。

このコンピ企画へのお誘いに感謝、そして彼の情熱に尊敬の意を。

そして今後も続いて行く事を願う。

LongLegsLong arms DISTROにライアンへのインタビューも掲載されてるのをココにリンクしておく。

広告
この投稿は6月 17, 201312:36 pmに公開され、Band, Distro, Music カテゴリーに分類されています。 パーマリンクをブックマーク この投稿へのコメントを RSS フィードで購読できます。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。