i dance alone

C

いよいよ出ます、その3。

bio_1_big

a picture of herの1stアルバム「C」

初めて観たのは2009年の「光源」(下北沢GARDENで行われたスゴい好面子の2Days)ですがその前から音源は買って→良過ぎてディストロさせててもらってたんでメールでやりとりしてた菊地くん(キック)を探すことに。名前だけしか知らなかったもんでその時物販に居た人を勝手に菊地くんと思って話しかけたら田子くんだったような。。あれ戸野くんだったかな、

亀ちゃんではなかったのは確かで….でもその時は結局、菊地くんとは話せずその後「sakilo」に誘ってもらってからようやくな感じで認識。でもそん時オレは風邪引いててライブ後は打つ上げ出れず車で寝てた。。

とにかく音はもうドキュメン(document not found)とのsplit、5曲入りe.p.の時から完全に一目惚れ(聞き)なんでこちらから誘うこと何回でしょうか、、今回で3回目の新潟でのライブですね。他にも名古屋で一緒になったり、東京でもちょくちょく一緒になったり、もう毎年どっかで会うんです&勝手ながらですがナゴムんです、ピクチャーと一緒になると。

会う度にお互い「新作はまだ?」なんて聞いてたし、もう待望過ぎてた忘れそうになったけど、(うちらは当分忘れてよいけど)ピクチャー遂にキマシタ。

1ヶ月以上前に先行で音源を送ってもらってからもう何回聞いただろうか。軽くアルバム100回以上はリピートしてるっす。とにかく気持ち良い。音もフレーズもアンサンブルも鳴らし方一つとっても。一聴しても、もう1回、もう1回ってなるクセになる深さ。聞き終わると音で救われてるような感覚というか、タイトルの意味「C」=「SEA(海)」?とかも気になってて、たぶんもっと色んな別の意味をも持たせてると思うんですが色々散策したくなる作品です。とにかくこれだけ聞き手の想像力を掻き立てるインストゥルメンタルはやっぱ素晴らしいし、インストバンドは世に星の数ほど居ますがピクチャーみたいなバンドは居そうで居ないと思う。なかなか表現難しいですが。

未聴な人まずはスペシャルサイトでも下記添付のsound cloundでもいいので聞いてみて下さい。

んでお近くの人は6月1日は是非、新潟 CLUB RIVERSTへお越し下さい。

新潟でしかもレコ発3バンド(PLAY DEAD SEASON/静カニ潜ム日々/a picture of her)を一緒に観れるなんて一生一回もん。もちろんthe north end /kitten/しょしょ/WITHER CRACK/と、うちらもヨロシクです。

正に役満ツモ上がり。

広告
この投稿は5月 7, 20132:45 pmに公開され、Band, Distro, Events, Music カテゴリーに分類されています。 パーマリンクをブックマーク この投稿へのコメントを RSS フィードで購読できます。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。